主婦でも借りれるキャッシングはどこ?あなたの悩みを解決!

主婦の方の悩み事について尋ねると生活費のやりくりが多く挙がります。

そういう時にお金を借りられるところを探したいと思われると思いますが、「主婦でも借りれるのかな?」「主人や家族にバレずにこっそり申込めるのかな?」と不安もたくさんあると思います。

そういう悩みを解決してくれる主婦の方でも夫の承諾なしで内緒で安心して借り入れすることができるのが銀行系の主婦でも借りれるカードローンです。消費者金融では審査自体断られてしまうので注意してくださいね。

わざわざ人目を気にして店舗にいかなくてもネットからのお申込みで、審査も早く急いで無職の主婦でも借りれる主婦キャッシングで即日融資可能な銀行系のカードローン会社のおすすめは中でもみずほ銀行やレイクです。

 

主婦が夫に内緒でお金を借りる方法やそのポイントについて

一般的に主婦が夫に内緒でお金を借りる事は少ないとされています。
これは主婦は消費者金融などから借り入れするのが難しいと言う事が理由になっていて、基本的には配偶者からの同意が必要になります。

しかし、ママ友との付き合いや生活費が少ない事などが理由で夫にばれずに借り入れしたいと考える主婦の方は大勢いらっしゃいます。夫に内緒でお金を借りる事は不可能ではなく、ちょっとした工夫で主婦が借り入れする事は可能になります。

まず最初のポイントですが、消費者金融などからの借り入れは事実上、不可能に近くなっています。その理由としては、総量規制と呼ばれる貸金業者が守る法律が挙げられます。

この総量規制とは簡単に言うと年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはいけないと言う事で、これは多重債務者を減らすための措置になっています。

そして総量規制は年収によって決まりますので、収入がゼロの主婦に貸し付ける事は出来なくなっています。これが主婦がお金を借りる事のできない最大の理由になっていて、多くの方が借り入れを諦めるポイントになっています。

しかし、総量規制とは関係なくお金を借りる事も可能になります。
それは銀行系カードローンを利用する事で、銀行は貸金業ではありませんので総量規制の対象外になっています。

また、銀行系カードローンは独自のルールを定めています。なので例えば10万円までなら収入証明書が不要であったり20万円までなら配偶者からの同意が必要ないなど様々なケースがあります。

なので自分が借りたい形に合わせて選ぶことができますし、そうすることで夫にバレる可能性を減らすことができます。

なお、配偶者に借金がバレるケースとして最も多い物が郵送物になります。
カードであったりハガキであったり色々な物がありますが、申し込みの際に郵送物を不要にする事でその可能性を無くす事ができます。
ただし、返済が遅れた場合などには電話連絡などが来るようになっているので注意してください。

即日審査可能な主婦キャッシングの注意点

カードローンも今は裾野が広がり、色々な方もキャッシングが可能になりましたね。
今までは定期的な収入が確実であれば、学生でもフリーターでもキャッシングは可能でしたが、最近では休職中の方でも、主婦でもキャッシングができるようになりました。

主婦キャッシングは、借り手が働いていなくても、世帯収入があれば審査も通る仕組みになっています。
しかも審査は即日で通り、保証人や収入証明がなくても借り入れ可能な主婦キャッシングもあります。

さらに手続きはネット上で完了、審査が通れば即日コンビニや銀行のATMで引き落とせるので急な出費があった時でも慌てることはありません。

知人や家族に知られることなく借り入れできるのも大きな魅力ですね。
そんな手軽で便利な主婦キャッシングですが、注意しなければならないことがあります。

1つ目はきちんと返済できるプランがあること。
これは主婦キャッシングでなくとも当然のことですね。
返済のアテがなければお金を借りるのはおすすめできません。

2つ目は利用限度額が低めなこと。
カードローンにも様々な借り入れプランがありますが、主婦向けのキャッシングの場合は、限度額が他のキャッシングに比べて低い場合があります。
その分主婦向けのキャッシングでは、金利が低めに設定してある金融機関もあります。

しかし高額な借り入れの場合は、収入証明や保証人、家族の同意など審査が急に厳しくなります。
家族の世帯収入をアテにした返済なので、仕方がないことだと考えてください。

どうしても高額な借り入れが必要な場合は、世帯収入を支えている家族にきちんと話して他の方法も考えるべきです。
主婦キャッシングは、あくまで急な冠婚葬祭などで今すぐにでもお金が入用な場合に利用することが望ましい制度です。

また借りる時も少額だからと言って軽く見ず、返済日までにきちんと返済することが何よりも大切です。
利息無料期間などを利用して上手にキャッシングしましょう。

サブコンテンツ

 

このページの先頭へ