クレジットカードのキャッシング機能とキャッシング専門の違いとは

パソコンを使う人主婦でも借りられるキャッシングのサービスには、専門のものとクレジットカードに付帯しているものとがあります。
主婦でも借りられるものとして、この二つの違いを把握しておくことは重要です。
では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

サービス内容は、最近では近づきつつあると言えるでしょう。
過去には消費者金融などのサービスのほうが圧倒的に優れていた時期もありますが、最近ではクレジットカード会社も色々なサービスを提供するようになってきていますから、サービス内容ではそれほど大きな違いはありません。
違いがあるとすれば、限度額です。
専門のキャッシングでは、それを主に利用できるように多くの限度額を設定していることが多いのですが、
クレジットカードの場合にはあくまでも付帯サービスの一種でしかありませんから、限度額があまり大きく設定されていないことも多いのです。
限度額を大きくするためには増額の申請を行うことが必要になる場合も多いです。

次に、海外での利用が考えられます。
キャッシング専門のカードは日本国内での利用を前提としていることが多いですから、海外では使うことができない場合が多いのです。
これに対して、クレジットカードは海外旅行に行くときに作る人も多くいるくらいで、海外での利用を前提として作られています。
キャッシングの機能も海外で利用できるようになっているものは多くあると言えるでしょう。
海外で現金が欲しいと思ったときには、ATMがあればいつでも現地通貨を利用できるという点では大きなメリットがあります。

このように、主婦でも借りられるサービスにはいくつかの違いがありますが、ただ単にキャッシングを利用するというのならそれほど大きな違いは感じられないでしょう。
むしろ、提供している会社ごとに内容が異なっていると考えておくべきでしょう。
ですから、主婦でも借りられるサービスを選ぶときには、それぞれのサービス内容を把握して選ぶ事が必要です。

 

このページの先頭へ