ブラックリストとは

資料を見る男性意外と頻繁に耳にする”ブラックリスト”とは何なのでしょう。
一般的には貸付NGの方をブラックリストといいます。
通常の会社で悪質なクレーマーなどを密かにリストにしていたりもするようですが、金融でいうブラックリストはどこの企業でもほぼ内容は同じになっているかと思います。

しかし、実際はブラックリストという制度はなく個人信用情報を照らし合わせてから各金融会社の審査に貸付はゆだねられているので、自分ではブラックリストだと思っていても借り入れできる場合も多数あります。

では個人信用情報とは具体的に何なのか、と申し上げますと金融会社や保証会社が融資の申し込みをした個人の信用情報を問い合わせる期間です。
この情報は過去5年間分の金融情報を見ることができる情報になります。

安定的な収入のあるサラリーマンが融資を申し込んだとします。
借入額や月々の返済額は収入から見ても問題がない場合でも、融資を断られる場合があります。
反対に主婦でも借りられる、といった場合もあります。
主婦でも借りられるのにサラリーマンは借りられない、でも実際には有り得るケースです。

なぜかというと、そこでブラックリストというものが結果を左右してきます。
審査センターがを審査する際に、過去の利用履歴について過去5年間分の申込者の金融情報を調べるのです。
反社会的勢力であるなどということは勿論、以前に借入した際に延滞をしていたとかきちんと返済できていたなど審査を受付した人の条件に合致する人の氏名や住所、生年月日までもが登録されている。それが個人情報です。
そういった情報や年収などからきちんと返済してくれる人かを判断してからでないと融資してくれません。

顧客を一から審査するのは非常に手間や時間がかかるので、ブラックリストを利用し審査をスムーズに行えるようにしているのです。
なので、年収が多く優良企業に勤めていても融資を受けられない場合もあれば、
自身に収入のない主婦(配偶者には収入がある)でも借りられるという場合もあります。

今は主婦でも借りられるなど職業の要件がないものも多くなっています。
本人や家族単位で返済能力やブラックリストへの登録を基準に審査を行うようです。

 

このページの先頭へ