審査の厳しいキャッシングとは

本とパソコン主婦でも借りられるキャッシングは一昔前までは多かったです。
しかし、貸金業法改正の流れの中で、貸し付け方法に様々な制限がついてしまいました。
その為、今は主婦でも借りられる金融会社は減ってしまいました。

とはいえ、主婦でも借りられるところも探せばみつかります。
ただし通常の収入がある人が申し込む場合と比べると、借り入れできる額が少ないことと、審査が厳しい事は覚悟しておかなくてはいけません。

審査の厳しくなる条件については、特に重要なものがいくつかあります。
収入のない事もその一つです。
キャッシングでの個人情報で何を見ているのかを一言で言うと、その人の返済能力です。
主婦でも借りられるのは確かですが、収入がないと言う事は重要な判断材料になります。

ですが、主婦であっても、夫が安定した収入があり、同意を得ているのであれば、それで返済能力があると判断されることもあります。
この場合に重要なことは、夫のキャッシングの履歴です。
例えば夫が過去にキャッシングの経験があり、かつ返済事故を起こしたことがある場合は、審査に通ることは難しくなります。
返済能力で重要な判断材料の中には、キャッシングの履歴も含まれます。
その人がお金についてしっかりしている人なのか、無計画な人なのかは、書類で判断することが難しいです。
その為、過去の返済履歴は、その人の返済能力を判断するにあたって最も重要視されます。
返済事故が過去になかったとしても、続けて審査に落ちたことがあるならば、やはり借りれる可能性は低くなります。
他社で断られたと言う履歴も信用情報として残ってしまうので、これが原因で断られることもあります。
これらの、収入の有無、そして過去の履歴がもっとも重要視される項目です。

他の判断材料、例えば年齢や年収、持ち家かどうかや結婚しているかどうかなどの判断材料ももちろん参考にはされます。
しかし先にあげた例に比べると、それ程重要視はされません。

 

このページの先頭へ