結婚資金をキャッシングで調達するのは有りなのか

結婚式結婚するだけであれば、役所に届出を出せば済みますので1円の費用もかかりません。
しかし、ほとんどの場合、新たな家庭を持ったお披露目をして、これまでの感謝と挨拶のために家族や知人を招待する必要があります。
結婚式や披露宴を行うとなると、ご祝儀を考えても赤字になるのが普通です。
結婚資金を用意できていれば問題ありませんが、予想以上に出費があり、原資が不足するということも珍しくはありません。

一般的に、ブライダルローンという商品自体はほとんどありませんが、用途を問わず、主婦でも借りられるローンはいくつもあります。
ブライダルローンの場合には、結婚式場で分割払いに対応してくれるところがありますし、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどは使途について問われないため、ブライダルローンとしても使えますし、金融機関によっては主婦でも借りられるので便利です。
ただし、披露宴の規模によってはブライダルローンで借りられる金額よりも支出がかさむことがありますので気をつけましょう。

主婦でも借りられるキャッシングやカードローンの場合、審査は通っても利用限度額はかなり低めに設定されてしまいます。
特に、消費者金融や信販系は年収の3分の一以上の貸付ができないため、結婚資金を全てキャッシング等でまかないきれない場合があります。
銀行系の場合は年収に関係なく利用限度額が決められますが、取引実績がなく、主婦でも借りられる金額となると、やはり高額融資は難しいでしょう。
そのため、結婚資金を全てキャッシングで調達するということは考えない方が無難です。

これからの生活にもお金が必要になりますので、早めに貯金をしておくこと、式の規模を結婚資金に見合ったものに調整すること、それでも不足する時には、きちんと返済できる範囲内での借り入れをすることなどを念頭に、上手にキャッシングを利用して、新しい家庭の生活を守っていきましょう。

 

このページの先頭へ