返済が遅れる際の対応について

電話する女性主婦でも借りられるキャッシングについてですが、注意点があります。
主婦でも借りられるといっても、収入のない主婦が一人で契約を結べるわけではありません。
主婦でも借りられる場合でも、配偶者の収入がなければ、借りる事はできません。
配偶者の収入を証明する書類と、借り入れに対する同意書があって初めて、主婦でも借りられるのです。

そして、そういった状態でキャッシングをする場合に気を付ける事が返済です。
夫の同意書があってキャッシングをするため、返済不能になると、夫のクレジット契約などの審査に影響を及ぼす可能性があります。
なので返済はしっかりと期日を守って行うべきです。

ですが、それでもどうしても返済が遅れてしまう状態になった時には、落ち着いてできる事をやりましょう。
一番初めにすることは、キャッシング会社への連絡です。
これをきちんと行わずに放置していると意外なところから連絡がくることがあります。
連絡をきちんとしておけば、あちらから連絡が来ることも避けられますし、対応について相談もできます。
やってはいけない事は、安易に他のキャッシングを利用して乗り切ろうとしない事です。
これを無計画にやり始めてしまうと、借り入れ額はあっという間に膨れ上がる可能性があります。
返済する当てがあるならば別ですが、その場しのぎでのキャッシングは賢明な判断とは言えません。

もし入金忘れなどの理由で遅れただけであれば、それ程問題はありません。
キャッシング会社に事情を説明して、いつ入金するかを連絡しておけばよいです。
遅延損害金はかかりますが、数日であればそれ程の金額でもありません。

返す当てがない場合には事情は変わってきます。
節約できるものは極力節約して金策に回る必要があります。
それでも間に合わなければ、身の回りで処分してお金になるものがないかを確認します。
それでもだめなら、他の支払いを敢えて後回しにする方法もあります。
例えば携帯電話や電気料金などです。
ですがこれは一時しのぎなので、本格的な対策を別に考える必要はあります。

 

このページの先頭へ